菜園付きのシェアハウス

シェアハウスでの生活

私たちは会社や学校で疲れた体を家での時間で癒して、また次の日から頑張る生活をしています。
家が汚れていたら心が休まらないものではありますが、掃除よりも家での時間を楽しむためには趣味にあてたりゆっくりお風呂に入ったりもしたいものです。

このように、普段の生活をしつつも趣味の時間を楽しんだり自分のしたいことをするためには時間をjッヨウズに活用することがとても重要です。

シェアハウスは、日常生活を上手に過ごすためのアイデアがとてもたくさん詰まっています。
集団生活をすることで、帰宅後の談笑時間でストレス発散ができたり誰かいるということが安心感に繋がったり安心感に繋がったりということもあります。

また、集団生活をするために日頃からそれなりに部屋の清潔は保てますしそのような習慣が無意識のうちに定着するので家での時間を充実させられるようになります。

そして、シェアハウスは最近では家での時間を充実させるために様々な趣味に特化したタイプのシェアハウスができています。
共通の趣味を持った人が集まることで趣味仲間を増やすことができますし、平日にも特に約束をしなくても趣味の話をして次の日への活力を得ることができます。

菜園付きのシェアハウス

このような趣味の中でも、最近都心でも野菜の栽培をしたいと思っている人が増えています。
一人暮らしでは庭のあるような家に住むのは難しく、ベランダやキッチンで少しの野菜を育てる程度しかできないものです。
ところが、シェアハウスの場合には都心に住んでいながらも菜園があるところもあります。

ハウスの前に菜園があったり、屋上に菜園があったりとシェアハウスないで野菜や果物を育てることができます。
分担して水撒きや手入れをして育て、収穫した野菜を用いて食事を作ってパーティーが行われることもあります。

また、地方では菜園ではなく畑を持っているシェアハウスや田んぼを持っているシェアハウスもあります。
種まきから収穫まで全てを地元の農家さんと一緒に体験をして収穫したものでみんなで食事をするというハウスもありますから、本格的な農業体験をすることもできます。

土を触ったり植物に触れることは癒しの効果がとても大きいです。
初めは億劫に感じても、慣れてくると植物のために早起きしようとか、少しでも過ごしやすいように雑草を抜こうとか朝から菜園での庭仕事をすることが習慣付いて休暇の1日を有意義に過ごせるようになります。

植物が大好きとか、ずっと植物を育てていた、とかという経験がなくても初心者でも十分楽しめますしレクチャーもしてもらえます。
また、シェアハウスによっては大家さんやサポートスタッフが植物の様子を見て適切な対応を取ってくれたりメンテナンスをしてくれたりするところもあります。