映像クリエイター向けのシェアハウス

生活を豊かにするアイデア

私たちの生活はとても忙しく、特に社会人となり会社で働き始めると、なかなか仕事以外の時間が取れなくて趣味や遊びの時間を取ることができなくなることも増えてくるものです。

仕事が忙しく仕事に追われてしまうと、ストレス発散のために遊んだり趣味の時間を作ろうと思っても、その時間を作るくらいなら働いた方が良いのではないかと考えてしまったり、仕事をしていないことへの罪悪感が芽生えてしまったりすることもあります。
しかし、仕事をうまく進めていくためには息抜きは必要なものですし、趣味や遊びの時間というのはしっかりと取りたいものです。

また、息抜きの時間があるからこそリフレッシュもできますし、その時間を作るために仕事を効率よく進めようと思うこともあります。
このように、仕事を進めながら遊びや趣味の時間をを上手に入れることで相乗効果が得られるのです。

シェアハウスでの暮らし

趣味や遊びの時間を取ろうと思っても、社会人になると思うように友人と遊ぶ時間が取れなかったり趣味がなくて何をすればよいかわからなかったりすることも多いです。
社会人になるとその忙しさや仕事のスケジュールの兼ね合いからなかなか友人と時間の都合が合わないことも多いですし、新たな友人を作る機会も少ないものです。

このような時、シェアハウスであれば新たな友人を作るきっかけにもなりますし、シェアハウス内にいれば誰かが共用スペースにいて一緒に時間を過ごすことができることが多いです。

最近ではコンセプトのしっかりしたシェアハウスが増えており、共通の趣味を持った人が入居できるように設備が組まれているようなハウスもあります。
趣味とまでいかなかったとしても興味を持っている人であれば、入居後にハウス内で詳しい人に知識をレクチャーしてもらえたり話を聞いたりという時間が作れ趣味を持つことができるようになる場面も増えます。

クリエイターの集まるシェアハウス

最近のコンセプトシェアハウスの中には様々なコンセプトが打ち出されており、まだまだ新しいものが打ち出されています。
特に、フリーランスの人や自営業の人は、職場が自宅になることが多いため、シェハウスにその設備を充実させたものを作ろうという考えが広まっています。
その中の一つとして、映像クリエイター向けのシェアハウスが検討されています。

同じ職種の人が集まれば切磋琢磨することができますし、良い情報をシェアすることもできます。
また、機材や設備も共用スペースに用意することができれば、駆け出しで機材が揃えられないクリエイターも作品を作る経験ができビジネスチャンスが広げられます。
クリエイターが集まると大きな企画を進めることができる場合もありますし、仕事のパートナーを見つける機会も作ることができるようになります。